キャッシングと返済の記録について

キャッシングを利用したものの、返済期限が迫っているのに返すためのお金が準備できないという状況もありえます。
返済が滞るとブラックリストに名前が掲載され、家や仕事場にまで返済を求める債権者が押しかけてくるというイメージを抱いている方もいます。
実際には、消費者金融会社にブラックリストと言われるものは存在しないようです。
ブラックリストに近いものというのなら、信用情報センターという金融の情報管理を専門に行うところがあります。
信用情報センターは、一人一人のキャッシング履歴や返済の記録を一括して扱っているところです。
消費者金融会社や銀行などの金融機関はそれぞれ信用情報センターに加盟することで、顧客の信用情報を確認しているわけです。
ほとんどの会社は審査の段階で信用情報センターに照会し、過去のキャッシング利用実績をチェックします。
返済が3ヶ月以上遅れていると、事故情報として信用情報センターに記録されてしまいます。
返済プランをまず立て、無理なくお金が返せる金額の範囲内でキャッシングを活用しましょう。